Treo750v WM6アップダウン! 備忘録

日ごろ,空気のような存在で愛用しているTreo750v。便利だけど退屈だったのだ。日常は忙しいにもかかわらず・・・。 そんな時に魔がさしたというお話。
オーストラリアのpalmにTreo750-2.18-VFEがあったので,忙しいにもかかわらずアップデートしてみた。ようするにWindowsMobileを5から6にアップデートしてちょっとだけ新しいOSを使ってみたかったって言うこと。
ActiveSync 4.5にしてUSB接続。そしてアップデーターを起動。ファイルコピーまで行って,リセットがかかりPalmのロゴとプログレスバーが出たところでフリーズ!!! 焦ったがトラブルシュートのページを読んでTreo 750 Update Recovery Toolで処置すると無事にアップデート成功!
こけた原因は不明だが,PIMのバックアップを取っただけの状況で日本語環境を入れたままだったのが原因かもしれない。ハードリセットしてクリーンな状況にしておくべきなのだろう。
素のままだと問題なく動くしFOMAのSIMで通話もmoperaも大丈夫!まったく重くもなっていなくて気分一新で気持ちがいい!
英語版のままのほうがシステムフォントが美しいからこのままにしておきたいのだが,日本語しゃべってくれないとアドレス帳も使えないしメールも読めないので,問題あるだろうなと思いつつもWM6を日本語化した。
Lets Japan No,6 for treo をインストールしてソフトリセットをかけるだけで日本語表示可能になる。
reloadnls.exeもwince.nlsの移動も不要。
日本語を表示させるだけなら特に不安定ではなさそうである。
ATOKとpqzII, pqz_key, DefSipChange, pockettweakなどを一緒に入れてソフトリセット。従来どおりにFEPを使えるようにする。
問題はここからで,日本語入力中にハングする。ActiveSyncでハングする。Office Mobileでハングする・・・。
結局,一晩で音を上げた!降参!!!ネットではこのアップデートは駄目だってみんなが言ってたのに・・・。
翌日,palmニュージーランドでPalmTreo750vUpdater.zip (1.16-VFE WM5)を入手。しかし,このアップデータではそのままではバージョンチェックではじかれるのでダウングレードは出来ない。そこで,ActiveSyncでUSB接続してアップデーターを起動してlisenceにagreeするところで待機。そのままの状態でアップデータが解凍さていれる以下のフォルダをまず探す。フォルダ名は環境によって異なるようだ。当方はXPの上で作業したので,
[drive letter]:\Documents and Settings\[user name]\Local Settings\[解凍されるフォルダ(index.htaというファイルがあるフォルダ)]
解凍されたアップデータのフォルダ(index.htaというファイルがあるフォルダ)にあるpayloads.xmlをエディタで開いて1.15を2.18に書き換え保存してから,起動してアップデートのボタンを押す直前で待機していたのをクリック。するとアップデーターでバージョンチェックされることなく、WM5に戻すことができた。これをやらないとダウングレードは出来ないがこのファイルの書き換えで無印やATT版などもインストール可能らしい。
その後,GSFinder for WM5を入れ,続いてLets Japan No,5を入れて従来どおりの処置の後にBttMon_WM5.arm.cabをインストールし、インストールされたProgramフォルダのBttMon.exeをコピーし、名前をBatteryIndicator.exeに変更、Windowsフォルダにコピーする。これでBatteryIndicatorが置き換えられる。その結果,タイトルバーのバッテリーマークを消し、音量表示に変更される。
ATOK
BttMon
Default_SIP_Hermes.cab
FEPTgl.cab
PQzII_Treo_20080101_008.cab
以上をクリックするだけですべてインストールしてソフトリセット。
PQz_KEY.exeはどこでもいいがPQzIIのフォルダにコピー。
PQzIIは他の機種のようにスタートアップにショートカットを入れるとキーロックと重なるので、multikeyhook.cplを\Windowsにコピー。
Setting-SystemでMulti Key HookをEnableにし、PQzIIをフックアプリとしてADD。PQzIIのショートカットをデバイスのルートに\hookappフォルダを作ってその中に入れる。そしてソフトリセット。
VistaからコピーしたメイリオをWindows\Fontに入れておいて。screenのプロパティでクリアタイプを有効にする。
【面倒なPQzIIの設定,でも便利】
[CTRL/ALTタブ]
 CTRL 0xED
 ALT  0xED
  ・ALTキーにて、CTRL,ALTを切換
[Programタブ]
 none 0xC7 FEPTgl.exe
  ・左サイドキー短押しでATOKのON/OFF
 CTRL B PQz_KEY.exe  Param: D:10 D:25 U:25 U:10
 CTRL N PQz_KEY.exe  Param: D:10 D:27 U:27 U:10
  ・ATOK予測変換の変換候補移動(5wayキーで選択、上下で決定)
 CTRL K PQz_KEY.exe  Param: D:10 D:ba U:ba U:10
  ・CTRL Kで : (コロン)
 CTRL S PQz_KEY.exe  Param: D:10 D:bd U:bd U:10
  ・CTRL Sで _ (アンダーバー)
 CTRL H PQz_KEY.exe  Param: D:dc U:dc
  ・CTRL Hで \ (円記号)
 CTRL J PQz_KEY.exe  Param: D:bb U:bb
  ・CTRL Jで = (イコール)
[Settingsタブ]
 CTRL P  Bluetooth
 CTRL W  Wireless Manager
[IMEタブ]
IME        TAB
Shift+CURSOR YES
  ・スペース+シフトでIME切り替え
[Iconタブ]
 BMP指定  default qvga
 ICON位置調整  85
この機械ではこれがベストの快適環境だと断言できる。
でも,あぁ,疲れた・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中