チャリ GIOS PANTO

昨年(2007)の晩秋から自転車通勤に凝っている。ダイエットをはじめたせいもあるが,それまでは仕事場まで自転車で行こうと考えたこともなかった。ちょっとした気まぐれで走ってみれば,ちょうどいい有酸素運動だったのだ。
5年ほど乗っていたSpecialized HardRockっていうMTBは結構快適だったのだけど,さすがに上野の山のアップダウンを含む6km強の距離はブロックパターンの低圧タイヤだとカッタリィので,30mm幅程度のロードタイヤに換えたら格段にスムーズにスピードが出るようになった。しかし,このチャリは僕の体格には少しばかり小さなフレームサイズだったので腰が痛くなるという欠点があった。
なぜ,小さなサイズのチャリに乗っていたのかといえば,近所のお使いしかするつもりがなかったし,イトーヨーカドーで自転車売場の閉店バーゲンで8万位のものが2万数千円だったからだ。それでもシートの高さを目一杯上げればチョロッと転がすには充分だったしね。
昨12月にフロントディレーラーのクリックが壊れてしまい,シフトグリップを常時握っていないとインナーチェーンリングに入りっぱなしになってしまうようになり,リヤのディレーラーも正確にシフトしなくなってしまっていた。チェーンもギヤも明らかに摩耗しており,すっきり治すにはコンポーネント一式交換がベストなのは明白だったのだ。
でも安物のコンポでもフルセットで交換すれば工賃込みで2万以上はすると思われたので躊躇していた。だってもともとの購入費用を考えれば・・・ね。
そんなわけで,年末から自転車を探していた。そして年が明けて10日日本橋のLOROでGIOS PANTO 2008年式を見たとたん一目で気に入ったので,その場で即決した。ジャンルとしてはミニベロっていう小径ホイールのスポーツチャリで,ロードタイプっていうのが気に入った。Panto
乗った感じはポジションも乗り味もまんまロードレーサー!!! ガキの頃ドロップハンドルにはなじんでいたので問題なく乗れている。ブレーキレバーでシフトできるというのに感動したりして。自転車のパーツも中高生のころと比較して格段に進歩したんだなぁということを実感した。
つい心拍をあげてしっかりとこいでしまうので結構なスピードが出る。怖いのでヘルメットとアイガードのサングラス,スピードメーターをくっつけた。Helmet_grass
スピードメーターは非常にデザインが秀逸でお気に入り! 軽く走っても25kmは楽勝でオドメーター,トリップメーターもあるのでほとんどオートバイと一緒。これに乗るとDRZの出番が減りそう・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中