歯周病勉強会@水道橋 04/15/2006

J Periodontol. 2005 May;76(5):713-22. Related Articles,

Coronally advanced flap: the post-surgical position of the gingival margin is an important factor for achieving complete root coverage.

Pini Prato GP, Baldi C, Nieri M, Franseschi D, Cortellini P, Clauser C, Rotundo R, Muzzi L.

Department of Periodontology, University of Florence, Florence, Italy. gpinipr@tin.it

BACKGROUND: An assessment of the factors affecting the clinical outcome of root coverage procedures may be useful in clinical decision making. The aim of this study is to investigate whether the post-surgical location of gingival margin relative to the cemento-enamel junction (CEJ) can influence the recession reduction (RecRed) and complete root coverage (CRC) following coronally advanced flap procedure (CAF). METHODS: Sixty patients, aged between 22 and 57 years, 15 males and 45 females, each showing maxillary buccal recessions (> or =2 mm) identified as Miller’s Class I were consecutively enrolled. All the defects were treated by CAF procedure from 2000 to 2003 by a single operator with more than 20 years of clinical experience. Age, gender, smoking habits, and type of tooth of each patient were recorded. In addition, the following clinical data were measured or computed: recession depth, width of keratinized tissue, probing depth, distance between incisal margin (IM) and CEJ, dental hypersensitivity, clinical attachment level, distance between IM and gingival margin (IMGM), distance between IM and mucogingival junction (IMMG), and the location of gingival margin relative to the CEJ following CAF procedure (GM(1)). A multiple linear regression, and a logistic linear regression analyses were performed. RESULTS: The recession depth at baseline (Rec(T0)) and the location of the gingival margin after suturing (GM(1)) are positively correlated to recession reduction. Complete root coverage appeared to be influenced by GM(1): the more coronal the level of the gingival margin after suturing (GM(1)), the greater the probability of CRC. CONCLUSION: The location of the gingival margin relative to the cemento-enamel junction following CAF procedure seems to affect CRC.

PMID: 15898931 [PubMed – indexed for MEDLINE]

 Root coverage の歯冠側移動術のみによるMiller Class Iの歯肉退縮の治療結果の検討。 ターゲットは上顎前歯の単独歯の症例のみ。 縦切開と横切開を入れた台形のフラップを歯冠側に伸展して縫合。 結果は2mmCEJの上方に移動したとき今面被服の達成率が良好であった。 しかしながら,単純な歯冠側移動は,ドナーサイトが不要であるのは利点としても,歯肉退縮部位に対する組織量の増加は見込めないため,connective tissue graftに劣る。 縦切開を施し歯冠移動すると瘢痕が残るのはデメリットである。 さらにカットバックが必要な場合は腫れることも多いと思われる。 術式そのものに利点は認められないにせよ,単純なやり方でどの程度の成績が可能であるかという根拠として有用な論文。
 症例は二階堂先生による。 前歯インプラントのディシジョンメイキングについての彼の私見。 審美性がいやおうにも重要視される前歯の単独あるいは少数歯欠損のインプラント症例の場合,適切なインプラント周囲組織をいかに再建するかということがテーマとなる。
○欠損予定歯が現在存在するかどうか?
 ○既に抜歯されていた場合バッカルウォールが残存しているか?その高さは?隣接する歯冠乳頭は残存しているか否か?
 ○歯が未だ存在する場合もバッカルウォールの有無の診断は重要。
○抜歯即時埋入するかどうか?即時埋入のメリットは?
 ○全周にわたり骨壁がしっかりと残存しており,口蓋側よりにインプラントを位置した際に頬側に一定以上の骨量を確保できるかどうかが,即時埋入可能かどうかの境界線。 しかし,現在得られている根拠として薄い残存バッカルウォールをインプラントを入れたとしても吸収を抑制できないという点は非常に重要だと思う。
○即時埋入は基本的に不要
 ○抜歯後時間が十分に経ったものと,1ヶ月程度で上皮が閉鎖しただけのものとは分けて考える
○埋入とGBRを同時に行うかステージドアプローチにするか
○天然歯とインプラントとの距離および歯間乳頭の高さの関係
○インプラントとインプラントの距離と歯間乳頭の高さの関係

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中