歯周病勉強会@水道橋 01/21/2006

J Periodontol. 2000 Jun;71(6):961-73. Related Articles,

Links

Ultrastructural and immunoelectron
microscopic studies of the peri-implant epithelium-implant (Ti-6Al-4V)
interface of rat maxilla.

Ikeda H, Yamaza T, Yoshinari M, Ohsaki Y, Ayukawa Y, Kido MA, Inoue T, Shimono M, Koyano K, Tanaka T.

Department of Removable Prosthodontics, Faculty of Dentistry, Kyushu University, Fukuoka, Japan.

BACKGROUND:
The role played by the internal basal lamina (IBL) and hemidesmosomes
between an implant and the peri-implant epithelium (PIE) in the
adherence of the epithelium to the implant is controversial. This study
used rat maxilla implantation models to clarify the ultrastructure of
the PIE-implant interface. METHODS: Ti-6Al-4V implants were inserted
either immediately or 2 weeks after the extraction of the upper left
first molar of 6- or 4-week-old rats, respectively. The junctional
epithelium (JE) of the upper right molars in the same animals was used
as a control. Four weeks after implantation, the animals were
sacrificed to prepare specimens for light and immunoelectron
microscopy. RESULTS: Under light microscopy, the PIE appeared to attach
to the implant surface. Ultrastructurally, IBL, consisting of the
lamina densa and lamina lucida, and hemidesmosomes were formed only in
the lower region, and rarely in the middle region, of the PIE-implant
interface. In control teeth, the IBL and hemidesmosomes formed
throughout the dento-JE interface. Laminin-1 was found in the IBL and
also in the vesicles and vacuoles of the PIE and JE cells. Statistical
analysis showed that there was also a significant difference in the
amount of IBL between the PIE-implant and dento-JE interfaces.
CONCLUSIONS: PIE attached to the implant via hemidesmosomes and IBL in
the lower region of the PIE-implant interface. Although PIE cells may
secrete laminin-1, which contributes to epidermal cell adhesion, the
PIE which attaches to implants only in the lower region of the
interface is considered to be the poorly adhered epithelium.

PMID: 10914800 [PubMed – indexed for MEDLINE]

 実験モデルはラット。臼歯を抜歯した後インプラント。光顕では研磨切片だが超薄切片はインプラントを除去して作成されている。インプラントと上皮との接触部分に付着が見られるかどうか?免疫電顕によるとラミニンの集積は天然歯に近い状態の局在が観察されるが,ヘミデスモゾームは少ししか見られない。天然歯と同様の付着ではないからインプラントはいけないという意見は本当なのであろうか?(演者Dr. H野)

 症例検討は,歯周病治療を始めて間もない先生の発表。23,24,25,26にFOPを行ったケース。24近心に骨縁下欠損あり。26にディスタルウェッジ。診断は適切。写真も良く撮られており,努力が偲ばれる。デブライドメントが不十分に見える。浸潤麻酔が少し不足気味。もっと麻酔量を増やして止血を図るほうが得策。連続で頬側垂直マットレス口蓋側水平マットレスだが,適切なテンションがかかっていない。ディスタルウェッジも縫われておらず,肝心な点が理解不足のようである。手技的には指導を受けたほうがいいと思われるが日本の環境では臨床医が適切な手技を効率的に習得するのはなかなか困難ではある。(演者Dr.K林Y介)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中